通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
通訳の資格・試験の情報サイト。通訳ガイドを目指している人は是非ご利用下さい!
国連英検


国連英検の内容

日本国際連合協会(日本国連協会)が主催しており、国連の2大理念である国際理解と国際協力の普及活動のひとつとして1981年に発足した検定。

試験を通じて国連に対する理解を深め、ひいては世界平和に貢献することを目標とするもの。

[資格の種類]:
民間資格

[概要]:
国連英検には6段階あります。

【特A級】
さまざまな国籍の外国人と文化、経済、政治等の多くの分野の問題について、英語で自由に討論できる能力があること、および常識、判断力などの点で真に国際人と呼ぶに相応しい水準に達していること

【A級】
英字新聞や雑誌の記事に加え、小説や劇の一場面などを短時間に理解する、あるテーマについて論理的にまとまりのある内容を英文で表現する、外国人と日常の身辺の出来事、時事問題などに関して、個人的に、また小グループで討議できる会話力。

【B級】
英字新聞や雑誌の比較的易しい記事、日常生活で遭遇する場面を扱った会話分、読みやすい随筆や短編小説などが理解できる読解力、手紙や短いスピーチの原稿が書ける表現力、日常の事柄を平易な英語で話すことのでき、外国での日常生活に対処できる程度の力。

【C級】
高校修了程度の英語力を基準としており、内容的には標準的な大学の入試問題プラス実用英語。文法、文型は文部科学省の指導要領の範囲内で、語彙も日常生活で使う基本的な3000語に限定し、それを超えたものには日本語による注が付けられる。設問が多面的なので、実用英検2級とほぼ同じ程度。

【D級】
高校2年程度の文法、文型に基づく英語の理解力をテストする問題が中心。英語圏の子供たちが日常会話で自然に使う表現が取り上げられる。

【E級】
中学修了程度の文法、文型に基づく英語の理解力をテストする問題が中心。英語圏の子供たちが日常会話で自然に使う表現が取り上げられる。また語彙も中学で学ぶものを中心に、それ以外の語には日本語による注が付けられる。

[取得方法]:
試験合格

[受験資格]:
特になし。誰でも受験可能

[試験場所]:
札幌、仙台、前橋、大宮、千葉、東京、国分寺、横浜、静岡、名古屋、新潟、金沢、大阪、岡山、広島、福岡、長崎、鹿児島、那覇

[受験料]:
特A級:1万円
A級:8000円
B級:6000円
C級:3500円
D級:3000円
E級:2500円

[問合せ先]:
国連英検試験センター
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-10-6
清園ビル 3F
TEL:03-5795-2257


BACK


Copyright(c)2008
通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
All Rights Reserved.
AX