通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
通訳の資格・試験の情報サイト。通訳ガイドを目指している人は是非ご利用下さい!
TOEIC Bridge


TOEIC Bridgeの内容

TOEIC Bridgeとは、 TOEIC プログラムを開発した世界最大の非営利テスト開発機関ETS により制作されたもので、TOEIC の特長を備えつつ初・中級レベルの英語能力測定に照準を合わせて設計されたテスト。言い換えればTOEICより簡単な英語能力テストのこと。

[資格の種類]:
民間資格

[概要]:
TOEIC Bridgeの特徴

@初・中級レベルの英語コミュニケーション能力を評価する世界共通のテスト

A結果は合格・不合格ではなく、リスニング、リーディング(各10点〜90点)とトータルスコア(20点〜180点)、および5分野3段階のサブ・スコアで評価

Bテスト時間と問題数をTOEIC の半分に設計(1時間・100問、リスニング25分間・50問、リーディング35分間・50問)

CTOEIC よりも平易で身近なコミュニケーション場面や素材をテスト問題に採用

Dリスニングセクションの出題スピードはTOEIC より遅く、ネイティブスピーカー(英語を母国語とする人)が「注意深く」話す際のスピードと同じ

[取得方法]:
受験

[受験資格]:
特になし。誰でも受験可能

[試験場所]:
札幌、仙台、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

[受験料]:
4200円

[問合せ先]:
(財)国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC 運営委員会 TOEIC Bridge事務局 東京業務センター
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-14-2
山王グランドビル5F
TEL:03-5521-6007


BACK


Copyright(c)2008
通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
All Rights Reserved.
AX