通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
通訳の資格・試験の情報サイト。通訳ガイドを目指している人は是非ご利用下さい!
工業英語能力検定(工業英検)


工業英語能力検定(工業英検)の内容

工業英語能力検定(工業英検)は、工業英語の重要性を広く普及・啓蒙し、その実力を客観的に正しく評価することを目的とした、文部科学省後援試験。

[資格の種類]:
民間資格

[概要]:
工業英語能力検定(工業英検)には、4段階あります。

【1級】
工業英語の専門化としての実務能力を有しているレベルで、実務上、工業英語を指導できる。
・技術的文章(取扱説明書、仕様書、論文、規格等)のスタイルの違いを正確に理解し、読むことができる。
・専門とする分野に関して、高度な論文、記事を正確に読むことができる。
・読み手に応じた工業英語のレトリック(文章表現法)、メカニクスを活用して、商品としてのテクニカルドキュメントが作成できる。
・他人が書いた英文をテクニカルライティングの面から添削できる。
・ネイティブの技術者やテクニカルライターとドキュメント制作上の問題点について討議できる。

【2級】
工業英語全般の知識を有しているレベル。
・技術的な文章(取扱説明書、仕様書、論文等)のスタイルの違いをほぼ理解し、読むことができる。
・専門雑誌、業界誌の内容をほぼ正確に理解できる。
・自分の専門分野の論文をほぼ正確に読むことができる。
・技術論文のメカニクス(句読点、記号、略語等)をほぼ正しく使った文章を書くことができる。
・科学技術の専門用語に習熟しており、スタイルをほぼ良く考慮した文章を書くことができる。

【3級】
工業英語の応用知識を有しているレベル。
・科学・技術に関する基本的な文章を読むことができる。
・簡単な取扱説明書を読むことができる。
・実験、生産工程に関する指示文、注意事項を読むことができる。
・実験室、生産現場の掲示文、看板を読むことができる。
・科学技術の分野の基本的な単語に習熟し、簡単な説明文、操作指示文などを書くことができる。

【4級】
工業英語の基礎知識を有しているレベル。
・科学・技術に関する簡単な文を読むことができる。
・実験、生産工程に関する簡単な指示、注意事項を読むことができる。
・実験室、生産現場の簡単な掲示、看板を読むことができる。
・科学技術の分野の基礎的な単語を書くことができる。
・科学技術の分野の簡単な文を書くことができる。

[取得方法]:
試験合格

[受験資格]:
特になし。誰でも受験可能。

[試験場所]:
北海道、青森、秋田、宮城、福島、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、長野、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、岡山、広島、山口、愛
媛、高知、福岡、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

[問合せ先]:
(社)日本工業英語協会
〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-2350


BACK


Copyright(c)2008
通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
All Rights Reserved.
AX