通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
通訳の資格・試験の情報サイト。通訳ガイドを目指している人は是非ご利用下さい!
捜査現場の通訳


【仕事内容は?】
捜査現場の通訳は、警察が容疑者を逮捕して取調べを行う際、容疑者が外国人で日本語が喋れない場合に活躍する。捜査上通訳を必要とする場合は常に同伴しなければいけない為、24時間対応できる人が条件となる事が多い。また、一般の通訳と違い、言葉の微妙なニュアンスの違いが捜査に関わる為、容疑者の供述した内容をそのまま訳さなければならない。


【求められる語学力は?】
採用されてから警察学校などで訓練や研修を受ける為、基本的に特別な資格は求められない。海外に滞在した経験ががあるかどうかが重視され、仕事や留学など、少しでも長い滞在経験をもっているほうが有利。


【その他必要な知識・技術は?】
被疑者が外国人の場合、検察庁でも通訳者を通じての取調べを行う為、法律に関しての知識が求められる。


BACK


Copyright(c)2008
通訳の資格・試験N@VI(モバイル版)
All Rights Reserved.
AX